植生基材吹付工

■概要
モルタル吹付機により生育基盤材をエア圧送して吹付け、植物生育基盤を造成する工法で、植物の永続を促進させるためにも植生基盤材導入が3㎝以上必要な箇所に適用する。

■特徴
○岩石群の割合が多く、より良質な植生基盤材の導入が多く必要な所に適する。
○1:0.8未満の急傾斜地でも施工可能で施工直後の耐腐食性が優れている。
○有機質系の植生基盤材に超緩効性肥料を配合しており、植生にムラがなく大面積の緑化と永続的な植生維持ができる。
○.在来草木本類の導入が容易である。
○.緑化基礎工として菱形金網張工と併用することにより永続性が高い。

Exif_JPEG_PICTURE

PICK UP

    低床型頭部保護材「UFOキャップ」

    Exif_JPEG_PICTURE低床型頭部保護材       UFOキャップ

    GF式(ロープ付)鉄筋挿入工

    pickup_img5のり面・斜面の安定化を図る工法。ロープを展開することで斜面の崩壊防止を行う。

    抑止アンカー工

    pickup_img4グラウンドアンカーは、引張力を地盤に伝達するためのシステム。


PAGE
TOP