エコサイクル緑化工

■概要
建設副産物をはじめとする様々な廃棄物を、法面緑化工事用の生育基盤材の一部として有効利用し、緑化・自然回復を行うリサイクル緑化工法です。

■特徴 
エコサイクル緑化工法における代表的な工法には、伐採木・抜根の不運再・堆肥化物を主体とし、これに貝殻粉砕物や解体木材の木炭などを加えた「エコサイクルソイル」による、『Wチップエコサイクル工法』や伐採木・抜根を粉砕しただけの未分解チップによる『アットリサイクル工法』、および有機質系土壌改良質材にアスファルト破砕物などを主体として加えた「ミライクルソイル」による『ミライクル緑化工法』があります。
これ以外のコンクリート破砕物、ガラスビン粉砕物、浄水場の沈泥、下水汚泥(造粒物)、石炭の焼成殻なども育成基盤の一部として使用することができます。
これらは、用途別に乾燥、堆肥化、篩分け、混合といった工程を経て有効利用します。

PICK UP

    低床型頭部保護材「UFOキャップ」

    Exif_JPEG_PICTURE低床型頭部保護材       UFOキャップ

    GF式(ロープ付)鉄筋挿入工

    pickup_img5のり面・斜面の安定化を図る工法。ロープを展開することで斜面の崩壊防止を行う。

    抑止アンカー工

    pickup_img4グラウンドアンカーは、引張力を地盤に伝達するためのシステム。


PAGE
TOP