モルタル・コンクリート吹付工

■概要
モルタル・コンクリート吹付機と空気圧縮機を吹付法面位置より離れた場所に設置し、モルタル又はコンクリートをホースによって運搬・打設し締固め法面を被覆し、外気および雨水等から遮断することにより風化を防止し、斜面を形成する地盤の強度低下を防ぐ、密閉型の被覆工である。
また、モルタル又はコンクリートの中に短い繊維(鋼繊維などの補強繊維)材料を混入して吹付けを行うことによってコンクリートの曲げ・引張り・せん断などの強度およびタフネスの増大が付与され、ひび割れの発生やその進行速度の抑制、凍結融解などに対する耐久性が向上し、地山の被覆材料として吹付面が長期に機能を果たすことができる「鋼繊維補強吹付工」などがある。

■特徴
○極めて劣悪な条件の斜面の安定化ができる。硬質土/岩石群の不陸の大きい斜面/急傾斜の法面/モルタル/モルタル・コンクリート吹付工法の最優先される斜面・住宅・道路に接した危険性の高い斜面
○モルタル・コンクリートの何れも高圧での吹付であるため付着性が高い。
○各種の強度が極めて高い。
○防水性が高い。
○耐食性に優れており、有害なガス・酸・アルカリ塩に強い。

橋立竣功

PICK UP

    低床型頭部保護材「UFOキャップ」

    Exif_JPEG_PICTURE低床型頭部保護材       UFOキャップ

    GF式(ロープ付)鉄筋挿入工

    pickup_img5のり面・斜面の安定化を図る工法。ロープを展開することで斜面の崩壊防止を行う。

    抑止アンカー工

    pickup_img4グラウンドアンカーは、引張力を地盤に伝達するためのシステム。


PAGE
TOP