簡易吹付法枠工

■概要
簡易吹付法枠工「ソイルクリート工法」は、吹付法枠工の中でも複雑な型枠に変えて、簡易な組立枠を設置した後、地山にモルタルを直接吹付をして施工する現場吹付法枠と植生基材吹付を併用する緑化工法である。

■特徴
○複雑な型枠に変えて簡易な組立枠(ガッテンダー)を使用するため、地山のならし作業をほとんど必要とせず、地山の凸凹に沿った施工ができる。
○地山に法枠が密着し、断面形状が欠円状であるため、表面の排水性に優れ、枠内に滞水しにくい。
○.枠は縦横に連続しているため、地山表層の剥落に対して抵抗力を持ち、長期間安定した緑化を図ることができる。
○組立枠(ガッテンダー)を用いることにより、鉄筋が適正な位置に保持され、かつ正確な断面形状が確保できるため、安定した品質の法枠が形成できる。
○資材が軽量で設置が安易なため、施工性・経済性に優れる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAimage_21

PICK UP

    低床型頭部保護材「UFOキャップ」

    Exif_JPEG_PICTURE低床型頭部保護材       UFOキャップ

    GF式(ロープ付)鉄筋挿入工

    pickup_img5のり面・斜面の安定化を図る工法。ロープを展開することで斜面の崩壊防止を行う。

    抑止アンカー工

    pickup_img4グラウンドアンカーは、引張力を地盤に伝達するためのシステム。


PAGE
TOP